導入事例WORKS

【大型脱臭炉自動制御化改造】~改造設計・施工~

二流体バーナ用点火パイロットバーナ新設
燃焼制御用サプライユニット
バーナ制御盤

【改造内容と成果】

手動点火・火力手動調整を長年していた880ℓ/h焚オイルバーナの安全強化と不完全燃焼防止と制御性重視のため「①自動化」「②比例制御化」の改造をご提案した。

中外炉工業㈱製パイロットバーナを採用。高出力で点火・燃焼性が良く、堅牢な構造でスムーズな点火と油燃焼への移行ができるようになった。

リンケージロッドにて油と燃焼エアを連動させ、全使用範囲で発煙や不完全燃焼を抑制した

中外炉工業㈱製オイル二流体バーナの燃焼空気調整も合わせて実施。ターンダウンが大きく取れた。(70-800ℓ/hの範囲で安定、ただし低出力でファンがサージングするため下限は100ℓ/hとし、上限も550ℓ/h程度まで落とした)

納入先K社様(岐阜県飛騨市神岡町)
ご依頼先大手工業炉メーカーM社様(富山県富山市)
納入内容①中外炉工業製ガスパイロット APE
②サプライユニット
③バーナ制御盤
作業内容①機器類設置、改造取付
②二次配管・二次電気工事
③燃焼調整
④制御盤現地設定
⑤取扱説明書作成、現地説明会
実施拠点本社 SE事業部