導入事例WORKS

【改良設計・製造】定置型取鍋予熱装置

納入先様名 大手建設機械 メーカー K社 様
契約先様名 富山県 ガス販売会社 S社様
納入装置名 定置型吊り下げ式取鍋予熱装置
燃料 LPGプロパン 2.8kpa
バーナー能力 232.5kw(200,000kcal/h)
納入品目 装置本体・煙道一部・制御盤・設置工事・試運転調整
弊社営業担当/設計担当/工事担当 製作管理部 山本 良徳 / 同左 / 同左

・ 定置型取鍋予熱装置で吊り下げ型
・ 断熱材はゼットブロック採用
・ ボリュームにて火力任意調整可能

実運転状況

鍋内燃焼中
過熱直後の耐火物状態
鍋内温度
予熱後の取鍋状況

・ 着火はminでダイレクト、設定した燃焼量ボリューム位置まで燃焼量が上昇する
・ 従来の開放型油バーナーと異なりフタ型で必要熱量が軽減した

関連したページを見る