【再生油バーナ設計・更新】産廃焼却炉用再生油バーナー改造

納入先
埼玉県 某産廃処理会社様
依頼内容
既設の再生油用二流体バーナーの燃焼制御を比例制御に変更し
A重油との切替ができるようにしてほしい
納入装置
UM用比例制御バルブユニットおよび比例弁ユニット
弊社営業担当/工事担当
名古屋営業所 森元 駿介 / 本社修工事業部 吉田 尚孝
DSCF8504
DSCF8498

DSCF8477

DSCF8516

納入品と設置後状態

・ ターンダウン比は1:4以上を確保できた
・ A重油と再生油の切替はスイッチ操作で可能とした
・ 再生油選択の際のパイロットバーナー➔メインバーナーの移行時の燃焼出力をMINとMAXで選択できるようにした
  ※粘性の高い油はmin開度では流れてこないことがあるので対策として
・ 比例ユニットは燃焼エア・噴霧エア・油の3つの比例弁を同軸駆動にて制御した

コロナ株式会社製超音波バーナーUM-10(燃焼量  60L/H)が設置されており、弊社製オイルパイロットHOP-2型にて再生油に点火をしていたが、再生油回路使用時に比例制御ができるように変更いたしました。

ターンダウン比は1:4(15L/H-60L/H)にて比例制御が可能となりました。